学類の特徴

化学の基本原理の探求と応用技術の創造に挑戦する。

化学は自然界で起こる様々な現象の原子・分子レベルでの理解から,21世紀に必要とする環境に適合した新しい機能性物質の創製,さらに様々な日常の生活を支える化学製品の開発と製造過程に至るまでの幅広い領域を含んでいます。

創造力と技術力を身につけた科学人をめざす。

「物質化学類」では,化学を通じて人類が自然と共生しながら持続的に豊かに生きるための科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献することができる人材の養成を目標とします。優れた研究者・技術者を育成するとともに,社会の様々な分野でリーダーとして活躍できる人材を育成します。

カリキュラムの特徴

1,2年生では,主に導入科目,金沢大学(グローバル)スタンダードに基づくGS科目,英語,理系の基礎科目などの共通教育科目と,学類共通の専門基礎科目等を修得します。2年生の後期(Q3)に理学系の先端化学コアと工学系の応用化学コアの2つのコアプログラムのどちらかを選択し,それぞれの専門科目・実験を受講して広範な自然科学の素養を身に付けます。3年生からは6つの主題にグループ化された発展的な専門科目群:アドバンストプログラムの中から2つ以上を選択履修します。これらのプログラムを組み合せて学習するカリキュラムと,4年生で研究室に所属して取り組む課題研究により,化学に関する最先端の知識と実験技術を身に付けることができます。さらに大学院博士前期課程(自然科学研究科物質化学専攻)に進学することで,化学の専門職業人に必須の高いレベルの実践的思考力,創造力,実社会での問題解決への応用能力を修得することが可能です。

2つのコアプログラム

先端化学コアプログラム

先端材料を原子・分子レベルで解明するための基本原理を学ぶ科目で構成されるプログラム

応用化学コアプログラム

化学的スキルと工学的センスを両立する応用化学について学ぶ科目で構成されるプログラム

 

6つのアドバンストプログラム

研究室紹介