学類の概要

 数物科学類では,「数学」,「応用数理」,「計算科学」,「物理学」の4つの分野を有機的に総合した教育と研究を行っています。それらを通して,自分で根本から考える力を養い,確かな基礎力を生かして未知の問題に果敢に挑戦する,意欲あふれる人材の育成を目指しています。本学類の特徴は以下の通りです。

 

学習段階に沿った教育プログラムが準備されています。

 2年次から2つの基礎プログラム群(数学系基礎,物理学系基礎)からいずれかを選択し,それぞれの専門分野の基礎を学びます。両基礎プログラムには共通する科目も用意し,進路適性を考える参考になるよう工夫しています。3年次からは,4つの発展プログラム群(数学発展,応用数理発展,計算科学発展,物理学発展)の中から1つを履修します。そこでは,各分野の専門をより深く学ぶことができます。それだけでなく,各プログラムには共通する科目もあり,広い分野に興味を持った学習もできるよう工夫しています。4年次には課題研究があり,少人数ごとの研究グループに配属され,指導教員のもとで個別的な指導を受けることができます。

教師になるためのカリキュラムと支援体制が整っています。

 数物科学類では,卒業に必要な単位に加え,教職に関する所定の単位を履修することで,中学校・高等学校の教員になるために必要な教員免許状を取得できます。本学類で取得できる教員免許状は,中学校教諭一種(数学,理科)と高等学校教諭一種(数学,理科,情報)です。

卒業後の進路は多種多様です。

 基礎科学を修得した学生の特質を反映して,数物科学類の学生の卒業後の進路は多業種・多職種で,中学・高校の教員,製造・情報系の技術者,出版関係,研究者など多岐にわたります。