Career support program, Kanazawa University.

ご挨拶

 金沢大学では、高度な専門性を有する大学院生を対象に、産業界と大学が一体となった教育プログラムを複数実施しています。産業界におけるイノベーションを担い、将来各研究分野や企業活動において中核的な役割を果たす人材育成を目指します。

 「産学連携イノベーション人材養成コース」や「派遣型高度人材育成協同プラン(創成研究)」で実施するインターンシップは、人材の育成・活用に関して産学が協力・協働する体制を構築することにより、社会の抱える諸問題や産業界の取組みに応じて、課題の発掘・提案を行いその解決まで行う人材の育成を目的としており、就業体験や職業意識の形成を主たる目的とした一般的なインターンシップとは異なる新たなコンセプトの産学連携教育です。

 また、「MOT(技術 経営)コース」は、全国からあるいは北陸地域から一流企業の経営者・技術者や起業家を講師に招いて、企業における技術経営、技術開発と資金投与の関係、プロジェクト管理など、必要な基本的かつ不可欠な知識を講義し、技術・製品開発の第一線で活躍する技術者を育成しています。

 大学院生及び博士研究員のみなさんには、各自に応じたプログラムに積極的に参加し、修了後は社会に大きく貢献する高度な理工系人材として 活躍していただきたいと願っています。

企業の皆様方におかれましては、本学の産学連携教育の主旨をご理解いただき、高度な理工系人材養成にご協力を賜りますようお願いいたします。

 

国際・産学連携委員会委員長
 水野元博(理工研究域教授)