Career support program, Kanazawa University.

派遣型高度人材育成協同プラン [博士前期課程向け]

お知らせタイトル01

プログラムの内容

プログラムの内容

金沢大学が当教育プログラムで育成を目指す人材像

  • (1) 企業等で新技術・新商品の開発をリードする人材
  • (2) 地域・中小企業のイノベーション創出を加速できる人材
  • (3) 異分野を組み合わせて新技術創成に挑戦できる人材
  • (4) 海外企業・機関での活躍を志向する人材
  • (5) 技術経営の知識や視点を持つ理系の人材
  • (6) 産業界の知的財産の発掘、権利化、活用を担う知財の専門人材
  • (7) 地域企業や行政機関等で企画・コーディネートできる人材
  • (8)幅広い視野を有する科学者を育成できる教員を目指す人材

 

そのためのプログラムの個別タスク

(1) 研究マネージメント力の育成
  技術経営(MOT)上級コースやキャリアパス形成ゼミを通し、企業のワークフローやプロジェクトマネジメント力を
  養います。
(2) 長期企業実習(インターンシップ)
  1ヶ月以上の「企業実習」による長期派遣型インターンシップを行い、企業での実践的研究の進め方を学びます。
(3) キャリアバックアップ
  インターンシップ先企業の研究開発職への就職を志す場合、これを指導・支援します。
(4) コミュニケーション能力育成
  英語によるビジネス会話・コミュニケーションスキルの実践演習を通して、TOEIC700点以上の英語力修得を目指し
  ます。
(5) 経費支援
  在コース期間中は奨学金月@50,000円を給付する予定です。
(6) 博士論文を見据えた企業での実践的研究
  参加者本人と受入れ企業や指導教員等とのマッチングによっては、共同研究に関係した博士論文の執筆も可能。

 

アドバンテージ

  • ①産学連携により広い視野を有する従来型と異なる博士人材としての育成。
  • ②在コース期間中の奨学金給付。
  • ③企業との共同研究を視野に入れた博士論文の執筆も可能に。