学類の特徴

技術革新が急速に進む現代社会では,さまざまな工学の知識や技を組み合わせて,未来社会を切り拓いていく能力が求められています。「フロンティア工学類」では,これらの能力を身につけるために,コース制を採用せず,新たに「プログラム」を設置します。学生は,従来の工学の専門分野(電子機械,機械,化学工学,電子情報)に対応するコアプログラムを学んだのち,6つのフロンティアプログラム,すなわち「知能ロボティクス」,「バイオメカトロニクス」,「マテリアルデザイン」,「計測制御システムデザイン」,「ヒューマン・エコシステム」および「ナノセンシング」で異分野間の融合により,従来の工学の枠を超えた未踏領域(=フロンティア)を開拓する素養を身につけます。

6つのプログラム

研究室紹介