電気電子コース

エネルギー問題に挑戦する技術フロントランナーを育てる

持続可能な高度情報通信社会を維持,発展していくには,省・新エネルギー技術,高機能・高集積電子素子技術の開発が不可欠です。電気電子コースでは,最先端の電気電子技術開発のフロントランナーとして活躍できる技術者・研究者を育成します。このために,高電圧実験,デジタル回路,半導体デバイス動作試験などのハードウェア電気電子実験とコンピュータを用いたプログラミング,信号処理,数値シミュレーションなどのソフトウェア演習を通して,電気エネルギー,エレクトロニクス,信号処理・情報通信などに関する技術を習得します。また,これらの実習などを通じて電気電子分野の環境・社会への大きな貢献力を再認識し,国際的視野や倫理観も培っていきます。


電波の可視化システム

高温プラズマ(左)による
高機能ナノ材料(右)の大量生成

 

学生メッセージ(現代・未来の高度技術社会を支える「電気」)

電気電子コースでは,発電機の原理から半導体デバイスの作製に至るまで,電気に関する様々な知識や技術を学ぶことができます。現代社会において電気は必要不可欠なエネルギーであり,非常に多岐な分野に渡って利用されています。核融合や自然エネルギーといった将来の新エネルギー技術にも電気が大きく関わります。どのように電気エネルギーが産まれ,スマートフォンなどの電子デバイスに応用されていくのか,「電気」に興味・魅力を感じた方は是非,電気電子コースへ!


自然エネルギー活用として期待される
振動発電デバイス

新エネルギー技術として期待される
半導体ダイヤモンド膜の成長実験

 

情報通信コース

次世代のデータサイエンティストを育てる

あらゆるモノをインターネットに接続して制御する IoT は,第4次産業革命と呼ばれる産業構造と生活環境の大きな変革をもたらしています。情報通信コースは,その根幹である情報通信技術(ICT)を担う技術者,研究者となるための専門知識と実践力を身につけた人材を育成します。このために,入学時からコンピュータを用いた実習を系統的に取り入れ,ネットワーク,ビッグデータ,人工知能,セキュリティなどに関する技術を修得します。また,3年次の学外技術体験実習(企業へのインターンシップ)により,社会で活躍するための能力をより高めます。


大規模データ解析用
計算機サーバー

コンピュータを用いた
視覚認識解析のための画像処理システム

 

学生メッセージ(身の回りに溢れている情報技術についての理解が深まる)

情報通信機器は様々な分野で必要とされています。本コースでは,その情報技術の基礎をハードウェアとソフトウェアの両方の面で学びます。実際に簡単な回路設計や,プログラミング演習も行うため,より一層理解が深まります。自分で制作した回路やプログラムがうまく動くと達成感があります。学ぶことは多く大変ですが,普段何気なく使っているパソコンやスマートフォンなどが,どのような仕組みで動いているのか興味を持った方は情報通信コースがお勧めです。


通信機能を有する
ブロック・デバイス

ディスカッションする学生