学類の概要

 数物科学類では,「数学」,「物理学」,「計算科学」の3つの学問を有機的に総合した教育と研究を行っています。それらをとおして,自分で根本から考える力を養い,確かな基礎力を活かして未知の問題に果敢に挑戦する,意欲あふれる人材の育成を目指しています。
 数学コース,物理学コース,計算科学コースの3コースがあります。計算科学コースには,さらに,数学に近い計算数理教育プログラムと物理学に近い計算実験教育プログラムの2つの教育プログラムがあります。本学類の学生は,入学後,先ずは「数学」,「物理学」,「計算科学」3つの各学問の概要と基本を学びます。そして2年次に,各コース・教育プログラムへと配属されますが,その際コース毎の定員はなく,全ての学生が希望するコースに進むことができます。コース配属後も他コースと共通で開講される授業も多く,3つの学問領域を深く広く学ぶことができるうえに,他コース学生との交流も活発に行える環境にあります。さらに,4年次に行う課題研究(卒業研究)においては,学生本人が所属するコースに依らず,数物科学類の全ての研究グループの中から,個別指導を受けたいグループへの配属を希望することが可能です。自分の興味と能力・適正をじっくりと見極め,進路を選択・修正することができます。

教師になるためのカリキュラムと支援体制が整っています。

 数物科学類では,卒業に必要な単位に加え,教職に関する所定の単位を履修することで,高等学校以下の教員になるための教職免許状を取得できます。取得できる教員免許状は,中学校教諭一種(数学,理科)と高等学校教諭一種(数学,理科,情報)であり,どのコースに所属しても取得することが可能です。

卒業後の進路は多種多様です

 基礎科学を修得した学生の特質を反映して,数物科学類の学生の卒業後の進路は,多業種・多職種で,製造・情報系の技術者,中高教員,出版関係,研究者など多岐に渡ります。