学類の理念・目標

 数学,物理学,計算科学の『叡智』を学び,それらを駆使して森羅万象の根源的探究に挑み,科学的な思考力と創造力を養う。
 数学と物理学は,長い時間をかけて成熟した学問であり,現代のあらゆる科学,特に自然科学の根幹をなしています。この二つは独立した学問として発展してきたと同時に,互いに刺激・影響しあいながら成長してきました。一方,計算科学は,数学や物理学の原理や法則に基づいて行われる計算機シミュレーションという手法によって,数学や物理学の枠を超え,基礎から応用に至るあらゆる事象を研究対象とする新しい学問分野であり,コンピューターの進化とともに,近年急速に発展してきました。大規模計算機シミュレーションの恩恵は数学や物理学にももたらされ,それまではあまりにも複雑で扱えなかった自然現象の解明や理論の検証が可能となりつつあります。数学と物理学に計算科学を加えた,3つの学問分野が互いに刺激しあいながら,21世紀の科学の発展をリードしていく,新たな時代が到来しました。多くの大学では,計算科学は数学や物理学のなかに取り込まれていますが,本学類では数学,物理学とともに一つのコースとして存在し,計算機シミュレーションに必要となるプログラミングなどの基礎力を早い段階で習得し,4年次には既に実践力が身についていることを目指して,カリキュラムが構成されています。
 数物科学類では,互いに刺激しあい補完しあいながら進化してきた「数学」,「物理学」,「計算科学」の3つの学問を有機的に総合した教育と研究を行い,これらの学問の発展や次世代への継承に寄与できる人材,また社会の様々な分野において,科学が培った論理的思考力と創造力を生かして活躍し,人類の平和と豊かさのために貢献するとともに国際社会の発展に役立つ人材を育成します。
 数物科学類では,互いに刺激しあい補完しあいながら進化してきた「数学」,「物理学」,「計算科学」の3つの学問を有機的に総合した教育と研究を行い,これらの学問の発展や次世代への継承に寄与できる人材,また社会の様々な分野において,科学が培った論理的思考力と創造力を生かして活躍し,人類の平和と豊かさのために貢献するとともに国際社会の発展に役立つ人材を育成します。