学類の理念・目標

自然や人間・社会との調和を図り,新技術を創出する機械技術者の育成

機械工学は,より高度化,複雑化,知能化,学際化する産業全体の基盤技術を担うことが求められています.その上,持続的発展が可能な社会の実現のため,材料やエネルギー消費,人間との適合を考えた工学技術の展開が必要となっています.「機械工学類」では,これらの要求に対応すべく,最先端のナノからバイオ,エコテクノロジまでの,ロボット工学,メカトロニクス,航空宇宙工学,さらに人間支援技術や環境技術など,機械が関わるすべての幅広い分野について,確かな基礎学力を修得した上で4つのコース,すなわち「機械システム」「知能機械」「人間機械」「エネルギー環境」でより専門的に教育し,様々な産業で活躍できる機械技術者・研究開発者を育成します.