第15回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(優秀論文賞)を受賞(2020.05.19)

第15回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(優秀論文賞)を受賞

 自然科学研究科博士後期課程3年徳永祐也さん、尾崎光紀准教授、八木谷聡教授、米徳大輔教授が、京都大学と共著で電子情報通信学会へ発表した論文が、同学会により通信ソサイエティの学問技術分野の発展に貢献する優秀な論文と認められ、第15回通信ソサイエティ論文賞(優秀論文賞)に選出されました。

 授与団体:(社)電子情報通信学会

 受賞年月日:令和2年5月19日

 受賞者:金沢大学 徳永 祐也(自然科学研究科電子情報科学専攻)
     金沢大学 尾崎 光紀(理工研究域電子情報通信学系)
     金沢大学 八木谷 聡(理工研究域電子情報通信学系)
     金沢大学卒 糀 宏樹
     京都大学 小嶋 浩嗣(生存圏研究所)
     金沢大学 米徳 大輔(理工研究域数物科学系)

 タイトル:「宇宙環境に対する放射線耐性改善を図ったASICプリアンプ内蔵型サーチコイル磁力計の開発」

 本研究成果は,2019年9月1日に『電子情報通信学会論文誌 B』に掲載されました。

 

第一著者の徳永祐也さん