学類の特徴

数物科学類では,「数学」,「物理学」,「計算科学」の3つの学問を有機的に総合した教育と研究を行っています。

「数学」と「物理学」は,現代のあらゆる科学,特に自然科学の基礎をなす学問であることは言うまでもありません。一方,「計算科学」とは,数学や物理学の原理・法則に基づいて行われる計算機シミュレーションという手法によって,数学や物理学の枠を超え,基礎から応用に至るあらゆる事象を研究対象とする新しい学問分野です。近年の急激なコンピュータの進歩はまた,数学や物理学にも多大な恩恵を与え,それまではあまりにも複雑で扱えなかった自然現象の解明や理論の検証が可能となりつつあります。まさに新たな時代の到来です。
数物科学類の学生は,入学後,先ずはこれら3つの学問の基本をしっかりと学びます。そして2年次に,数学,物理学,計算科学の各コースへと配属されますが,その際コース毎の定員はなく,全ての学生が希望するコースに進むことができます。さらに,4年次に行う課題研究(卒業研究)においては,学生が所属するコースに依らず,数物科学類の全ての研究グループの中から,個別指導を受けたいグループへの配属を希望することが可能です。自分の興味と能力・適正をじっくりと見極め,進路を選択・修正することができます。

数物科学類では,「数学」,「物理学」,「計算科学」の魅力を知り,自分で根本から考え,確かな基礎力を活かして未知の問題に果敢に挑戦する,意欲あふれる人材の育成を目指しています。

3つのコース